So-net無料ブログ作成
検索選択

北東北 2泊3日ツーリング その3(終) [ツーリング]

2015年10月5日(月曜) 最終日

2.JPG

2泊目は秋田県能代市の「湯らくの宿 のしろ」でした。

1.JPG

今回のツーリングは意外と寒かったので温泉のある宿で、よかったです。

 

当日の男鹿半島の天気予報は午前中は曇り時々雨、午後からは晴れでしたが

自宅まで約650kmあるので午後までは待てません^^;

能代から目的地の寒風山までは約46km(1時間)、とりあえず行ってから考えよう。

3.JPG

大潟村近辺では曇天で路面はウェットでしたが、だんだん青空が見えてきました(^^♪

前日の大間崎につづき、奇跡の[晴れ]です。

まわりは曇天ですがバイクの上だけ青空が顔をのぞかせてます。

5.JPG

寒風山の頂上ですが、観光客は全然いません。

4.JPG

まわりは雲っていますが、この近辺だけ晴れています(^^♪

7.JPG

8.JPG

6.JPG

降りてきたら、また雲ってきました。

11.JPG

ここまで来たのだから入道崎を目指します。

10.JPG

快晴です。[晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ][晴れ]

9.JPG

この男鹿半島周辺の道は快適道路が多いので、また来てみたいです。

http://www.ogakk.or.jp/spot/kanpu.php

 

12.JPG

この2体の巨大なまはげ像は男鹿半島にあるかと思ったら、だいぶ秋田寄り^^;

まだ寄りたい場所は、たくさんありましたが翌日は仕事ですので残り600kmを自宅

まで高速使ってかえります。

13.JPG

今回、海鮮ばかり食べていたので、東北自動車道の長者原SAで牛タン定食。

 

それにしても行きは楽しかったですが帰りは、きつかったです。

 

 

 

 

 


nice!(16)  コメント(9)  トラックバック(0) 

nice! 16

コメント 9

たくや

奇跡の晴れ男で良かったですね(笑)
650kmひたすら帰るのは結構辛いですね
お疲れ様でした
by たくや (2015-10-10 18:04) 

kobaban

私が前に行ったときは能代宿泊で男鹿半島一周して青森宿泊でした。あそこから帰ってくるのは遠すぎですね(笑)
by kobaban (2015-10-11 00:59) 

さる1号

雨雲が避けてゆくとは見事な晴れ男パワーですね^^
いいなぁ
牛タンも美味しそう^^

by さる1号 (2015-10-11 07:29) 

よっすぃ〜と

巨大なまはげはリアル「サンダ対ガイラ」のようだ(^^
by よっすぃ〜と (2015-10-11 10:12) 

ANIKI

雨降らずに良かったですね。
森の中から突然空が抜ける寒風山の道は最高です。
夏に行った思い出が蘇ってきました。

by ANIKI (2015-10-11 11:01) 

Jyo

ご来訪ありがとうございました
秋田県内まだまだ楽しい道がたくさんあります
またのお越しを(^^)
by Jyo (2015-10-11 21:07) 

bis

帰りの600kmはきついですね~(^^;
なまはげに青空が似合ってました。
by bis (2015-10-12 11:02) 

響

予報を覆してこの晴れを引き寄せるのは凄いです。
黒白しましまの灯台は行って見たい。
by (2015-10-12 14:14) 

ごろすけ

>たくやさん、こんばんは
  青森、秋田、岩手の3県は走っていて楽しい道が多い
  のですが、ちょっと遠いですね

>kobabanさん、こんばんは
  この辺りまで来ると、一つの県をゆっくり走るほうが良
  いですかね

>さる1号さん、こんばんは
  それでも雨の中の走行は辛いし寒かったです。
  7~8月のほうが快適かな~

>よっすいぃ~とさん、こんばんは
  なまはげた高さ15mですからガンダム18mと合いそう

>ANIKIさん、こんばんは
  寒風山は標高こそ355mですが、行ってよかった
  できれば全部青空の時に、もう一度(^^♪

>Jyoさん、こんばんは
  日帰りで行ける距離ではないですが、もっとゆっくり
  秋田を走りたいです

>bisさん、こんばんは
高速での帰り道だと余計疲れるし、おもしろくないし
 翌日は仕事だし(笑)

>響さん、こんばんは
 男鹿半島の入道崎近辺は北海道の能取岬への道
 に似ていて雄大でした
by ごろすけ (2015-10-12 19:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: